0

第18回 CoderDojo 八王子は5月21日(土)開催です

参加申し込みフォーム

準備するもの

・ノートパソコン・電源アダプター・マウス
・CoderDojo 所有無料PC4台あり(なるべくお持ち下さると助かります)
・チケットが売り切れた場合も対応できる場合がありますのでお問い合わせ下さい。

参加対象者

小学2年生から中学3年生まで(原則、小学生以下は保護者の同伴が必要)

日時

2016年5月21日(土) 15:00~16:30(居残り可)

参加費

無料

会場

コワーキングスペース八王子8Beat http://8beat.tokyo/

*フリードリンクを利用することができます(コーヒー、日本茶、リンゴジュース)
*無料のお菓子もあります

ご質問などはお問い合わせフォームからお願いいたします。

次回以降のお申込みページが公開された時にメールでお知らせを受け取る事ができます。以下のリンクから、Peatix のイベントページを開いて「フォローする」ボタンを押してください。
http://peatix.com/user/759488

0

第17回 CoderDojo 八王子は4月16日(土)開催です

参加申し込みフォーム

準備するもの

・ノートパソコン・電源アダプター・マウス
・CoderDojo 所有無料PC4台あり(なるべくお持ち下さると助かります)
・チケットが売り切れた場合も対応できる場合がありますのでお問い合わせ下さい。

参加対象者

小学2年生から中学3年生まで(原則、小学生以下は保護者の同伴が必要)

日時

2016年4月16日(土) 15:00~16:30(居残り可)

参加費

無料

会場

コワーキングスペース八王子8Beat http://8beat.tokyo/

*フリードリンクを利用することができます(コーヒー、日本茶、リンゴジュース)
*無料のお菓子もあります

ご質問などはお問い合わせフォームからお願いいたします。

次回以降のお申込みページが公開された時にメールでお知らせを受け取る事ができます。以下のリンクから、Peatix のイベントページを開いて「フォローする」ボタンを押してください。
http://peatix.com/user/759488

0

第16回 CoderDojo 八王子を開催しました

第16回 CoderDojo 八王子を開催しました

2月19日に第16回 CoderDojo 八王子を開催しました。八王子道場には、いつも赤ちゃんをおんぶで参加されている保護者の方がいらっしゃいます。ところが、あれ?立ってる。そう、もう立てるようになったんですね。

どんな事をする場所?

さて、CoderDojo ってどんな事をするのでしょうか。各道場で様々というのが答えになると思いますが、CoderDojo 八王子では試行錯誤してスクラッチを中心にその他の学習リソースを紹介しています。

スクラッチで絵を描く

スクラッチには絵を描く機能もあります。単に絵を描くだけでなくて、着せ替えのような事も簡単にできます。最初は絵だけかもしれませんが、そこからいろんな機能がある事に気づいて動かしたりゲームも作れます。興味さえあれば、そうやって覚えてしまうものです。最近道場に来たニンジャから作品を見せてもらいました。ちなみに金髪の女の子がお勧めだそうです。

DSCF4619 DSCF4620
DSCF4625

会場の様子

DSCF4616

今回はニンジャと一対一でスクラッチのセッションをしましたのでその様子を紹介します。ニンジャが男の子でしたので、まずは興味を引き出す為にゲームをするか聞きました。最近はモンストをやってるとの事。自分が遊んでいるゲームを自分で作れたらもっと楽しいはずです。という訳で、モンストを作ってもらう事にしました。

球を飛ばす

まずはモンストがどんなゲームかを聞きました。自分の好きな事は熱心に話してくれます。どうやら球を飛ばして跳ね返すという意味でビリヤードに近い要素があるようです。そこで、まずは球を飛ばすものを一緒に作ってみようと思いました。

お手本がいっぱい

ところで、スクラッチのサイト (http://scratch.mit.edu) には海外を含めて子供たちが作ったゲームが沢山あります。例えば「ゲーム」で検索してみてください。20万件がヒットしました。game だと1千万件がヒットします。その中には完成度が高いものもあって感心します。モンストで検索するといくつか見当たりました。「中を見る」というボタンを押すとプログラムの内容を見る事ができます。作りこんであるものは、複雑ですので大人でも理解するのにしばらく時間がかかってしまいます。

原理を理解する

学習するときは、シンプルな方が判りやすいです。複雑そうな事も分解していくと原理はシンプルです。そして、それを自分の手で作るという事が大事です。ですからゲームの核となる部分だけを抜き出してそこから発展していく事にしました。球を飛ばすというテーマだけで、掘り下げるといくらでも奥が深くなります。プログラミングを通じて、物理学や数学の基礎にもちょっとだけ触れます。興味をもつという事は強力な原動力になりますから、きっと勉強にも役立つと思います。

寄付の報告

寄付:
保護者様より Peatix 経由で 3000円 (2,049円)
募金箱より 1060円
計: 4060円

経費:
ドロップイン料金x4 = 2000円

マウスパッド20個とマウス1個をメンターの兎本さんが 8Beat に寄付してくれました。これで、もう A4 の紙をマウスパッドにしなくて済みそうです。

次回は4月16日(土)開催

次回は4月16日(土)に開催します。今後はラズベリーパイなども積極的に取り入れていきたいと思っています。出来ればニンジャに一人一台!

0

第16回 CoderDojo 八王子は3月19日(土)開催です

お申込み

準備するもの

・ノートパソコン・電源アダプター・マウス
・CoderDojo 所有無料PC4台あり(なるべくお持ち下さると助かります)
・チケットが売り切れた場合も対応できる場合がありますのでお問い合わせ下さい。

参加対象者

小学2年生から中学3年生まで(原則、小学生以下は保護者の同伴が必要)

日時

2016年3月19日(土) 15:00~16:30(居残り可)

参加費

無料

会場

コワーキングスペース八王子8Beat http://8beat.tokyo/

*フリードリンクを利用することができます(コーヒー、日本茶、リンゴジュース)
*無料のお菓子もあります

ご質問などはお問い合わせフォームからお願いいたします。

次回以降のお申込みページが公開された時にメールでお知らせを受け取る事ができます。以下のリンクから、Peatix のイベントページを開いて「フォローする」ボタンを押してください。
http://peatix.com/user/759488

0

第15回 CoderDojo 八王子を開催しました

第15回 CoderDojo 八王子を開催しました

2016年2月20日(土曜日)に第15回 CoderDojo 八王子を開催しました。今回は参加者が少なめでほのぼのとした回となりました。風邪気味だったのでメンタリングはメンターさんにお任せしました。道場ではニンジャ達の様子を窺うのも大事な仕事だと思っております。メンターさんが多いと助かります。

DSCF4495

CodeMonkey

CodeMonkey の日本代理店のジャパン・トゥエンティワン株式会社様よりトライアルライセンスを頂きました。CodeDojo 八王子に来たら無料で使う事が出来ます。ゲームは沢山ありますが、ただのゲームではなく遊びながら学べるものに子供の頃に出会えるのはとても良い事ではないでしょうか。

DSCF4494

クリアすると褒めてくれるのは良いですね。昔はプログラミングを学ぶためのソフトというのはあまり無かったと思います。

タッチ・タイピングについて

タッチ・タイピング(タッチ・メソッド)とはキーボードを見ずにタイピングする事です。

日本語入力は変換操作で画面をみる必要があるのでタッチ・タイピングの重要性は欧米諸国よりも高いのです。そのためアジア圏の変換が必要な言語の国では逆にさほど意識せずタッチ・タイピングを覚えてしまう人が多いようです。

ただし、そのような覚え方をすると機能的ではない指使いで覚えてしまう可能性が高いです。我流でも打てるようになれば困る事はありませんが、タイピングを上達したいと思った時に癖を直すのに苦労します。

早く覚えるコツ

キー配置を覚えるコツは手元を絶対に見ず、間違っても良いので「指に探させてあげる」事です。

記憶として覚えようとしても指は覚えません。ですので、タイピング練習ソフトは画面上にキーボードが表示されているものが望ましいです。本当は手にタオルをかけて、画面に表示されるキーボードを紙で隠すぐらいの方が学習効果は高いのですが、万人にお勧めは出来ません。

タイピング練習ソフト

飽きずにモチベーションを保つという意味でもタイピング練習ソフトは役立ちますので紹介させていただきます。

練習ソフトではどの指で押したかまでは見てくれません。練習内容が意図的に覚えこませるように反復練習のあるソフトを選ぶのが良いでしょう。出来れば右手左手を分けて丁寧に覚えさせてくれる方が結果的に早く覚える事ができると思います。

パーフェクト キーマスター

http://www.amazon.co.jp//dp/B0007UAC2O
現在は販売されておりませんが優秀なソフトです。苦手なキーを意図的に組み込んだ例題を人工知能が作ってくれます。このソフトを作ったホロンという会社からはマンガ「恐怖新聞」を題材にした「恐怖タイピング新聞」という素敵なタイピングソフトが発売されていました。15年前のソフトですが、フルボイスでお清めの塩が同梱されております。ホロンは Linux ディストリビューションの一つ HOLON Linux のホロン社です。

ScreenClip-7 ScreenClip-5

Typequick

https://www.datapacific.co.jp/typequick/index.html
主に大学等の教育機関に導入されています。一般向けのライセンスはありません。以前勤めていた会社でローカライズしたソフトなので紹介しました。

今日からタッチタイピング

ScreenClip-3http://www.gakugei.jp/demo/touch/start.html
連続して手に入らないソフトを紹介してしまいました。こちらは現役の有償ソフトです。一部体験できました。ホームポジションの項目をプレイしてみましたが良くまとまった内容です。

きっずタイピング(体験版)

ScreenClip-1http://www.gakugei.jp/demo/kidstyping/
これも有償ソフトですが児童向けです。ホームポジション説明がひらがなで飽きさせない仕組みになっています。説明がひらがななので低学年向きと言えるでしょう。要所要所で覚えたキーに応じて英単語の勉強もできます。発音もしてくれます。

特打小学生2

61Z1TZ7PKWLhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00008O98M/
有償ソフトです。タイトル通り小学生にはお勧めな内容になっているようです。小学校で使う漢字が学年別に選べたり、児童英検1~3級に対応。値段もお手頃です。ホームポジションもしっかり学べるようです。

キーボー島アドベンチャー

ScreenClip-99

http://www.kb-kentei.net/index.html
児童向けです。学習ソフトを開発している会社なので内容もしっかりしていると思います。キャラクターが出てきて楽しみながら学べそうです。体験プレイできます。学校関係には無償提供しているようですが、一般には有償パッケージになるようです。

Dance Mat Typing

ScreenClip-10http://www.bbc.co.uk/guides/z3c6tfr
英国放送協会(BBC)が提供している児童向けのタイピング練習コンテンツです。さすが BBC クオリティーと言ったところでしょうか。日本語ではありませんが独特なキャラクターとアニメーションと音声が飽きさせません。英語が判らなくてもヤギやキリンがキーボードについての歌をディズニーアニメさながらに歌い出して楽しませてくれます。しかし英語キーボード配列を想定しているので一部のキーが画面と異なってしまいます。海外製のものはこのパターンが多いです。日本の NHK には頑張って作って頂きたい。

キッズgoo

ScreenClip-27http://kids.goo.ne.jp/typing/
これも児童向け。メッセージも日本語でゲーム仕立てになっています。自分がプレイしたときはサーバー側が不調で一部しかプレイできませんでした。ホームポジションの習得部分が甘いように思います。

e-typing

ScreenClip-28
http://www.e-typing.ne.jp/
練習の他、試験をする事もできるのでモチベーションも維持しやすいと思います。

ひよこでも出来るタイピング練習講座

ScreenClip-29http://typing.twi1.me/training
タイピングに関する事が書かれていてタイピングについて理解しながら学習できます。このサイトではユーザーが例文を入力できるようになっていて、歌詞やアニメキャラクターの名前等でタイピング練習できるコンテンツが沢山あります。

Amusix Flute

WS000001http://www.primarygames.com/arcade/music/amusixflute/
ソフトを探していたらタイピング練習を兼ねてフルートを教えてくれるゲームを見つけました。上手に演奏するのは難しいですが楽曲が沢山あって楽しめます。文字のタイピングとの違いは音の長さだけキーを押し続ける事です。普段と違う練習方法をすると違う神経が学習しますので意外と良い訓練になるかもしれません。

次回は 3/19(土) 開催です

お申し込みは改めてお知らせいたします。

メンターおよびボランティア歓迎

メンターに興味をある方はご連絡下さい。プログラミング経験は無くても大丈夫です。教えようと思えばすぐに覚えられますし、準備を手伝っていただけるだけでも助かります。保護者さんもお気軽に名乗り出てもらえると嬉しいです。

 

0

第15回 CoderDojo 八王子は2月20日(土)開催です

お申込み

準備するもの

・ノートパソコン・電源アダプター・マウス
・CoderDojo 所有無料PC4台あり(なるべくお持ち下さると助かります)
・チケットが売り切れた場合も対応できる場合がありますのでお問い合わせ下さい。

参加対象者

小学2年生から中学3年生まで(原則、小学生以下は保護者の同伴が必要)

日時

2016年2月20日(土) 15:00~16:30(居残り可)

参加費

無料

会場

コワーキングスペース八王子8Beat http://8beat.tokyo/

*フリードリンクを利用することができます(コーヒー、日本茶、リンゴジュース)
*無料のお菓子もあります

ご質問などはお問い合わせフォームからお願いいたします。

次回以降のお申込みページが公開された時にメールでお知らせを受け取る事ができます。以下のリンクから、Peatix のイベントページを開いて「フォローする」ボタンを押してください。
http://peatix.com/user/759488

0

第14回 CoderDojo 八王子を開催しました

第14回 CoderDojo 八王子を開催しました

ニンジャの元気な顔が見れると嬉しいです。前回来れなかったニンジャも今回は元気な顔を見せてくれました。毎月開催しますのでしばらく来てなくてもいつでも遊びに来て下さい。質問やご相談もお気軽にどうぞ。

CodeMonkey

今回は開始前に CodeMonkey というプログラミング学習ゲームの紹介をしました。ゲーム?と思われるかもしれませんが、イスラエルの義務教育で実際に使われているものだそうです。イスラエルは最先端のIT先進国です。義務教育は、5歳から18歳まで、幼稚園の最後の1年と、小学校6年、中学校3年、高校3年の計13年間だそうです。

DSCF4357

CodeMonkey については、CoderDojo 八王子のメンターの兎本さんがブログにも書かれていますので興味のある方はご覧になってください。

・PCのブラウザだけで学習できる
・キーボードが苦手な人でもボタンでコードを書くことができる
・コードとは何か?ということが学べる
・コードはCoffeeScriptなので学んだことをここ以外でも使うことができる

プログラミング学習ゲームCodeMonkeyで遊びながら学ぼう!対象年齢9歳から大人まで! http://ryus.co.jp/blog/codemonkey-first/

今日は紹介した事もあり CodeMonkey をやってみたいという子が多かったです。でもスクラッチも相変わらず人気がありますので続けていきたいと思っています。

お父さんもメンター

DSCF4358

学習ゲームは親子で楽しめるのも良いですね。実際、大人がやっても楽しいと思います。

一言「なかなか良くできている」

DSCF4360

今日は一人で来たニンジャは30問をクリアしてしまいました。CodeMonkeyの日本代理店の方に対して「なかなか良くできている」と感想を述べるニンジャ。思わず微笑んでしまう場面も。大物になりそうです。

スクラッチも人気

スクラッチをやったニンジャ達は作品を発表しました。今回初参加のニンジャは自宅でもスクラッチで遊んでいるのでどんどん作っちゃいます。

次回は2/20(土)

お楽しみに!

0

第14回 CoderDojo 八王子は1月16日(土)開催です

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

お申込み

準備するもの

・ノートパソコン・電源アダプター・マウス
・CoderDojo 所有無料PC4台あり(なるべくお持ち下さると助かります)
・チケットが売り切れた場合も対応できる場合がありますのでお問い合わせ下さい。

参加対象者

小学2年生から中学3年生まで(原則、小学生以下は保護者の同伴が必要)

日時

2016年1月16日(土) 15:00~16:30(居残り可)

参加費

無料

会場

コワーキングスペース八王子8Beat http://8beat.tokyo/

*フリードリンクを利用することができます(コーヒー、日本茶、リンゴジュース)
*無料のお菓子もあります

ご質問などはお問い合わせフォームからお願いいたします。

次回以降のお申込みページが公開された時にメールでお知らせを受け取る事ができます。以下のリンクから、Peatix のイベントページを開いて「フォローする」ボタンを押してください。
http://peatix.com/user/759488

0

2015年クリスマスカード

2015年クリスマスカード

2015年12月19日に開催した CoderDojo 八王子でニンジャ達が作った作品です(システム的な理由で掲載できなかったものがあります。ごめんなさい)。

パソコンでご覧になってください。iPhone 等をご利用でご覧になれない場合はこちらのページから試してみて下さい。

みっきー

ScreenClip

ひびき

ScreenClip

かえで

ScreenClip

るい

ScreenClip

かいち

ScreenClip

0

第13回(一周年) CoderDojo 八王子を開催しました

今回で13回目。八王子道場はこの一年沢山の人から支えられて1周年を迎える事ができました。支えて下さった全ての方に心より感謝申し上げます。

道場にもクリスマスプレゼント

OESF (Open Embeded Source Foundation) より38000円の寄付を頂きました。八王子道場を立ち上げるきっかけともなった OESF 三浦様に改めて感謝を申し上げます。

imgb939b398a64ae06a9a8dehttps://www.facebook.com/OESF.jp/

一周年記念ケーキ

道場のロゴ入りケーキ。こうして一歳の誕生日を沢山の人たちで祝う事が出来て嬉しく思います。25人分です!ちなみにケーキ屋さんはどこもクリスマス時期で忙しいようで、道場のロゴマークは注文は間に合わなかったので、急遽作りました。
1084_999351863437140_264043233700830376_n

今回はクリスマスカードを作ってもらいました。どんなカードが出来たかはもちろんクリスマスに報告します。

何度かニンジャ達と付き合ってると、ニンジャも本気で知りたいと思う時が来るんです。その時メンターさんが沢山ある引き出しの中からそれぞれのニンジャにぴったりのプレゼントを選んで渡すのです。今回はどんなプレゼントを渡すことが出来たのでしょうか。

DSCF4255

終了後記念撮影をしてみんなでケーキを食べました。今回風邪をひいたり、都合で来れなかったニンジャも居ますが、次回は元気な顔を見せてくれるのを待ってるよ!

12399159_491274254377074_2047976701_n

喜んでくれたようで嬉しいですね。

チョコ作りレポート

せっかくなのでチョコ作りの体験記を書かせていただきます。

8Beat には 3Dプリンターがあるのでチョコの型を作る事にしました。ブーリアン演算です。チョコは東急スクエアの地下カ〇ディにて購入しました。製菓用のクーベルチュール・チョコレートは500g単位で1000円。しかし店内には200円ぐらいで見栄えのするチョコプレートが並んでいるではないですか。注文できないなら作ればいいじゃんなどと軽はずみに考えた自分が憎い。しかし、マスター・ヨーダなら言うでしょう「やるか、やらぬかだ。試しなどいらん」

DSCF4222チョコを刻みます。

DSCF4223また刻みます。そのまま食べても美味しい。チョコ好きがハンマーで砕いて食べるという噂も納得。

DSCF4224溶かします。この作業、テンパリングと言います。溶かして固まる一歩手前まで温度を下げてそこから少し上げるという魔法のような工程が必要です。

DSCF4225型に流し込みます。

DSCF4226次にブラックチョコを溶かして流し込みます。これで黒に白字のロゴになるわけです。

DSCF4229残ったチョコは絞ってロゴを描きました。ひとまず完成。おやすみなさい。

DSCF4234

当日・・・

すみません、遅刻しました。ところで、型から抜けるのか疑問をもった方もいらっしゃると思います。ご安心ください、完璧に抜けました。ロゴの部分を残して。ええ、最初からそんな気はしていました。固まったチョコの上にチョコを乗せたのでくっつかなかったのです。回りくどい方法で板チョコを作ってしまいました。

DSCF4254-crop-chocolate (2)

これらのチョコはスタッフ一同おいしく頂きました。

最後に

一周年ですので、この1年を通しての感想を書こうと思ったのですが、正直言うと何か大きな志とか大義名分のようなものを感じてやってきたわけでは無いのです。ただ、自分という人間だからこそ出来る事もあるように思ってしまったのです。私は子供の頃、何かをじっと見つめるのが好きな子供でした。例えば、道路の白線を引いている工事をどこまでも追いかけました。しばらく見ていたら、1時間ぐらいでしょうか、そのおじさんが白線の過熱塗料を軍手の上に絞り出して丸い球を作り始めました。そして十分に冷めたところで僕の手に載せました。少し暖かいそれはきらきら光る(白線なので粒が光ります)魔法の球でした。嬉しくてお礼も言わずに持って帰ってしまいました。きっと急いで親に自慢したかったのです。宝物にしていたのですが、こうして思い返すという事は今でも心の中で宝物なのです。今は8Beatで3Dプリンターを扱っているのですが、仕組みとしては道路の白線と一緒です。2次元が3次元になったのです。3Dプリンターで作ったものを子供たちに見せると、もらっていい?と聞かれます。もちろん、そのために箱に入れてあるのです。出会いやきっかけ、タイミングを計算したり価値を測定する事はできません。まして、それが将来どんな時、どんな形で芽を出すのか判りません。CoderDojo はプログラミング道場です。プログラミングの技術が向上したら、それはとても素晴らしいことです。しかし、それは結果論なのです。私が本当に大切にしたいと思っている事は、道場を通じていろんな意味での出会いという種を撒く事です。それは、理屈で説明して意味のある事では無いと思います。ニンジャとメンターさん全員が楽しんでくれる環境があれば自然と育まれるものだと思っています。

苦労話を書くとすれば、ボランティアグループの運営は難しいです。企業とは違い給与や立場といった魔法は通用しません。また、子供たちはいつだってのびのびとしていますが、大人たちは問題を作り出すのが得意なのです。これは皮肉でも言い訳でもありません。それだけ理想を描いているという訳です。メンターさん達は心配なのです。うまく教えられたのだろうか、つまらないと思ってしまってはいないだろうか、と。やってみれば取り越し苦労も多いです。ですが、悩んだ結果やってみてうまくいったのと、何も考えずやってみたらうまくいったのでは全く違います。また、メンターの負荷が増えるような改善案としてのルールは極力作りませんでした。まずは継続して活動すること。仲間を増やす事。道場としての経験を積むこと。それらを焦らずに行うようにしました。もちろん失敗もたくさんありました。まだ生まれたばかりの八王子道場にも失敗するチャンスをあげたいと密かに思っておりました。失敗するつもりでやればなんとやらで、むしろ新しい発見をしたり、結果的に問題を直視できるのです。もちろん、その経験を生かしてこれからもより良い道場になるよう仲間と共に歩んでゆきたいと思っております。

最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで書いてみて、やはりもう少し運営について積極的に考えなければならないなと反省しております。至らぬ点もありますが、今後とも温かく見守って頂けると幸いです。

1 2 3 4 5 6